製作日記1/6

昨日は途中で製作日記的なものを考えてしまったが、頭の中でふと歌詞が思いついたので仕事覗いた合間を縫って書いた。なんとなく曲の構成のイメージもその時にできていて、あとは楽器を持ってやれば行けそう、というところまで日中考えた。

 

帰宅後、ご飯を食べて製作。ブルージーなコードを使ったり、加工するクリシェを取り入れてエモくするなどいろいろ工夫ができた。メロディも簡単だけど複雑というか不思議な感じで作れたと思う。蓋を開けてみれば構成上同じセクションが一切出てこないそれだけ聞くとプログレみたいな構成の曲になった。でもポップスとしてまとめることができたと思う。VINYLにつなぐ重要な立ち位置の曲。自分の中では言いたいことも言えたし、やりたいこともやれたような気がする。アコギである程度メロディと土台を作って、忘れないようにPCへ。ドラムのベースになるトラックとコードがわかる程度のエレピ、仮歌を入れた。あとはアレンジをするだけ、という状況まで昨日作ることができた。ドラムをどうするかが一番の悩みどころ…。今日と明日でやれたらやります。

 

今日はこれからバンドのリハ。そのあとは、遠くに遊園地が見えるのBaRECと小旅行のホーンRECをします。あとトランペットとアコギを入れたら小旅行はミックスに投げられる。遠くに遊園地が見えるは来週ギターRECして、もうちょっとメリーゴーランドセクション(勝手に言ってる)を詰めたりフレーズを詰める必要があるとおもう。あ、アウトロにボコーダーも入れたいんだった。今日ある程度スケジュールも相談しよう。

 

図らずしてアルバムの頭の方からできている。まずは夢破れての打ち込みだけど、VINYLの続きも考えなければ。

 

あとさっき電車の中で、盤面のデザインも思いついた。アルバムタイトルやジャケットもあたまの中ではこれでいいのではと思い始めているが、今の感覚は、自分は申し分なくこれでいいと思っているのだけど、その申し分なく思っている自分の感覚は大丈夫だろうか、というところを疑っている。でもこういう感覚は製作の中では珍しいことで、普段はなんとなくこれじゃダメな気がする(これでいいのかなあ)という気持ちがある、という感じ。まだあまり決めつけずもう少し考えてみようと思う。